カプセルの瓶と白い錠剤の椀
  • ホーム
  • プリリジーで長年悩んでいた早漏を治す!

プリリジーで長年悩んでいた早漏を治す!

男性特有の体の悩みは数多くあります。「早漏」もその中の1つです。
早漏と感じている男性の中には、パートナーとの性行為が上手くいかず、関係がぎくしゃくと悪くなってしまう・性行為渉自体がトラウマとなってしまうケースも少なくありません。
男性としての自信も失わせてしまう事もある早漏ですが、今は薬で治療できる時代となりました。
世界で初めて早漏改善治療薬として、処方されたのが「プリリジー」です。
プリリジーの主成分「ダポキセチン」は、自律神経に作用し射精までの時間を伸ばす作用を発揮します。
プリリジーはセロトニン再取り込み阻害薬に分類され、セロトニンの分泌量を高める働きをするのが特徴です。
ダポキセチンの効果によってセロトニンの量が増えると、性的興奮を感じさせるノルアドレナリンが抑えられ交感神経という、自律神経の働きが抑制されます。
射精の指令を出す自律神経に作用する効果があるため、服用する事で射精までの時間が通常より約3倍から4倍へと、伸ばせるようになりました。
プリリジーの有効成分であるダポキセチンの含有量が異なる、30mgと60mgの種類があります。
1日の服用限度量は30mgなら2錠、60mgなら1錠までと決められているので、この摂取量を守って活用するようにしましょう。
医薬品という事もあり副作用を心配する方も多いようですが、プリリジーは副作用を起こすリスクが少ない治療薬としても知られています。
副作用が起こる確率は約10%程度です。大半の方は服用しても副作用を起こす事は無いので、安全性にはとても優れていると言えます。
また副作用として報告されている症状もめまいや頭痛、不眠に下痢、吐き気・疲労感といった軽度なものです。
重篤な副作用が起こり難いので、試してみやすいのではないでしょうか。
錠剤を服用するだけで早漏を解消できる、画期的な治療薬としてプリリジーは世界中の病院で処方されています。
早漏で悩んでいるなら活用してみたい治療薬です。

プリリジーは最寄の病院で処方可能?

プリリジーは現在、まだ日本では未認可となっている医薬品です。
国で認められていない医薬品ですので病院では処方されていないと思ってしまいますが、現在少しずつプリリジーを処方する病院が増えています。
実はプリリジー、厚生労働省から2012年に輸入の許可を得た病院のみで処方できるようになった薬です。
早漏治療など男性特有の悩みを専門に治療している病院であれば、プリリジーを手に入れられるかもしれません。
ただ、早漏という悩みはたとえ男性医師であっても、なかなか相談しにくいと感じる男性が多いでしょう。
病院で処方してもらうという場合、どのような流れで購入できるのか事前にチェックしておく事をおすすめします。
プリリジーを処方している大半の病院では、問診票に早漏の悩みがあるなど必要事項を記入します。
受付時に「早漏で悩んでいる」といった情報を、口頭で伝えるケースはほとんど無いようです。
口で伝えるのに抵抗があるという方も、安心して受診できるかと思います。
問診票に記入後は医師による診察を行います。
診察時は医師による質疑応答がありますが、ここで悩みや症状を詳しく伝える事によって、適切な早漏治療を提案してもらえるため、丁寧に答えるようにしましょう。
早漏の診察と聞くと服を脱いで患部を見せたり、触診するのではという不安を感じるかもしれませんが、このような診察を行う病院は少ないようです。
あくまで口頭での診察となります。
診察後、医師の処方箋をもらいプリリジーを処方してもらうという仕組みです。
今はまだどの病院でもプリリジーが処方されている訳ではないものの、国内でも医師の処方によって購入できます。
病院での処方で手に入れたプリリジーであれば、正規品ですので安心して服用できるでしょう。

関連記事